会社案内

弊社取り組み

美祢葬祭有限会社は、社会貢献活動として
「日本介助犬協会」への募金を皆様へお願いしております

臨機応変な対応力や従順性、介助犬自体が主人を大切にしてくれます。
そして何より障害をお持ちの方が生き物と触れ合うことで家族同然の存在となり、愛着や勇気・希望を貰える。

決してロボットには出来ない存在…

それが「介助犬」です

001

皆さん、ご存知ですか?

・介助犬が人の介助ができるようになるまでにかかるトレーニング期間は1年

・介助犬の育成に掛かるお金は、250~300万円と言われています

身体障害者補助犬法

「身体障害者補助犬法」とは、障がいのある方のパートナーである介助犬をはじめとする盲導犬・聴導犬(介助犬・盲導犬・聴導犬をまとめて『身体障害者補助犬』と言います)の同伴をスムーズに受け入れ、障がいのある方の自立と社会参加を目的として施行されました。

この法律によって障がいのある方が身体障害者補助犬(以下、補助犬)と一緒に、レストランやお店・ホテルなどに入ったり、電車やバス・タクシーなどに乗ったり、職場に連れて行くことやマンション・アパートなどに一緒に住むことができるようになりました。また、補助犬の使用者は補助犬との同伴が周囲に迷惑とならないように責任をもって補助犬の行動を管理し、補助犬の体を清潔に保ち、健康に気を配ることが決められています。

身体障害者補助犬法についての詳細は「厚生労働省・身体障害者補助犬ページ」よりご確認ください。
201407071611344334

募金箱 設置場所

募金箱は、弊社「さくら会館」「こまつ会館」のロビーに設置しております。
ご協力、よろしくお願い致します。

寄付実績

平成26年9月に日本介助犬協会へ、募金をお渡ししております
皆様のご支援・ご協力、誠にありがとうございました

kifu_w
弊社取締役と記念撮影
日本介助犬協会
Top